「あれ?この鉢、底に穴が開いてない」

最近売られている植物には、底に穴が開いていないタイプのものがあります。
当社だけでなく、他社様の商品でも、この手の鉢が使われることも多々あります。

室内では使い勝手が良い鉢ですが、ちょっとだけ注意してほしいこともあります。
                  








良いところで、特におすすめなのは「水があふれる心配がない」ってことですね。
一般的に室内植物の水やりは、「鉢底から水があふれるくらいたっぷりと」水をやるわけですが、時には、”たっぷりやりすぎて鉢皿からあふれてしまう”ということも。
土がカラカラに乾いていて、水が染み込みにくくなっているときも、鉢皿からあふれさせてしまったりします。
穴なしでも水をやりすぎればあふれますが、鉢皿よりは心配は少ないですね。

もう一つは、つり鉢の場合です。
つり鉢は、垂れ下がる植物を飾ったり、あいてる空間に飾れたり、とても機能的な鉢ですが、鉢皿を使えません。(鉢と鉢皿が一体化したつり鉢もありますが)
戸外やベランダなど、水が落ちてもいい場所なら問題ないですが、室内ではそうはいきません。

水やりのたびに、下して水をやり、水が垂なくなるまで待って、つり直す。
ちょっと面倒ですよね。
これが穴なしの鉢だと、下さずそのまま水がやれるわけです。
水が落ちたら困る!という場所にも飾れますね。


    
そんな便利な”穴なし鉢”ですが、注意するところも、「水やり」です。

穴がない、ということは、”与えた水は全部鉢の中にたまる” ということになります。
水をやりすぎれば、鉢の中は常に水浸しです。
水浸しにならないように、水やりの量は少なめにして、回数は乾いたのを確認してからにします。
    
どの程度少なめにしたらいいのか?ということですが、それは品種や鉢の大きさによっても変わってきます。






例えば、ウチにある、穴なし鉢の「ミクロソリウム グリーンフレーム」の場合。
鉢のサイズは4号(直径12cm、高さは15cm程度)。
    
水の量は、
本来なら200ml程度は与えるところですが、穴なし鉢なので、100ml程度かと思います
(わざわざ計量したりはしないので、大体ですが)。
土が乾いているなら、100mlくらいなら土が全部吸い上げてくれるので、いつまでも水が底に
溜まったままにはなりません。
    
置いてある場所は、東西南の3方向に窓があり、暖房を使う部屋で、明るく乾燥します。
1週間もすれば土が乾いて、表面が白っぽくなってくるので、また水やりします。
今後、気温が高くなってくれば、さらに乾くのが早くなるでしょうから、頻度は上がるでしょう。






ウチではこのような水やりですが、
場所や気温、風通しによっては、なかなか土が乾かないこともあるでしょうから、土が乾いて白っぽくなるまで待って水やりしましょう。
特に寒い時期は、余分な水が溜まったままだと根が傷む危険があるので、しっかり乾いたのを確認してから、少量の水やりをすると良いです。

土が乾いた色が分かりにくいなら、水を吸ってる時の重さと乾いた時の重さの違いや、土と鉢に隙間ができているかどうかなど、乾いた変化を覚えておくといいですね。



ミクロソリウムやアスプレニウム、シダ類などは、水が足りないと葉っぱが白っぽくなったりします。
そういった外見の変化も、水やりの目安になります。




穴なし鉢について、いろいろご説明させていただきましたが、これはあくまで目安です。
今すでに育てていて、順調に育っているのであれば、今のままの育て方をお勧めします。