イノモトソウ 科 イノモトソウ属




★葉っぱが爽やかなプテリスです。空気の湿度が高い場所を好みます★
★ウチに置いたプテリスが、暖房による湿度不足で葉が枯れてきてしまった(泣 ので、浴室に置いてみました。
水やりは無しで、浴室の湿気だけで枯れることなく今のところ元気ですw★
★とはいえ、やはり冬の浴室は冷え込んで枯れる心配もあるので、室内に置き、こまめに霧吹きで葉を湿らせる方が安心ですね★



 

   暖かく湿った場所を好みますが、鉢土の過湿は嫌います。

   レースのカーテン越しに日が当たる場所を好みます
   夏の直射日光に当てると葉が日焼けすることがあるので避けてください。
   4〜9月は浴室に置くこともできます。

   暖房・冷房の風が直接当たる場所は避けてください。

   冬は室内の暖かい場所に置くようにしてください。
   10月頃から徐々に水やりの回数を少なめにして育てると、寒さに強くなります。(詳しくは→基本の育て方 温度)


 

   空気の湿度が高いのを好み、土が過湿なのは好みません。
   乾燥で葉が枯れてくる場合は、土に水をやるより、霧吹きで葉を湿らせる方が効果的です。
   乾燥している冬場は、暖かい部屋での霧吹きは1日に数回やっても問題ありません

   水やりの目安↓↓↓
    ・6〜9月・・・3日に1回
    ・5月、10月・・・1週間に1回
    ・11〜4月・・・3週間に1回 (暖房をよく使う、乾燥しやすい部屋に置いてあるものは
                      1週間に1回にして、1日1〜2回霧吹きすると良い)

   ※11〜4月の水やりの注意点
   ・水やりは、暖かい日の午前中にしてください。
   ・夕方〜夜や、特に寒い日には水やりはしないでください。
   ・受け皿に水が溜まったままだと根が傷むので、捨てるようにしてください。


 

   5〜9月に与え、寒い時期は与えないようにします

    ・液体肥料の場合・・・1か月に1回 (水やりの水に混ぜても良い)
    ・固形肥料の場合・・・5月と9月に1回ずつ


 

   冬は寒さや乾燥で葉が傷みやすくなりますが、根が傷んでなければ、春にまた新しい葉が出てきます。
   枯れた葉は根元から切り取ってください。

   夏に日焼けしてしまった葉や茶色くなった葉は元には戻らないので、その葉だけ切ってください。



                                                                     ▲


 http://www.871.jp/    Copyright(c)2017hanaiengei     e-mail : green@871.jp